トップ

AGAと毛穴の詰まり

その薄毛はAGAが原因かも

薄毛の原因の多くはAGA

男性の場合には中年になって来ると、頭髪が薄くなってしまう人が多いです。薄毛に悩んでいる中年男性はかなりいるでしょう。

中には20代くらいのころから、少しずつ頭髪が薄くなり始める人もいます。薄毛に悩む男性の多くは、頭頂部や前頭部から薄くなって行くことが多いのが特徴です。髪の生え際が後退している中年男性をよく見かけるでしょう。そういった男性によく見られる薄毛の症状はAGAが原因であることが多いです。
AGAの症状を改善する為の情報サイト。
 
薄毛に悩むのは男女で見ると、圧倒的に男性の方が多いことから、男性ホルモンが大きく関わっていると考えるでしょう。男性ホルモンの分泌量が多いと、頭髪が薄くなりやすいと思っている人も少なくありません。しかし、AGAの原因は男性ホルモンだけではありません。男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼの働きで、ジヒドロテストステロンに変化してしまうことがAGAの原因と考えられています。

頭髪には血液を通じて栄養分が運び込まれているため、通常であれば成長途中で抜け落ちることはほとんどありません。
しかし、ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞にある受容体に結合すると、髪への血流が低下して栄養補給がされなくなってしまいます。それが原因で髪が十分に成長できなくなってしまうのです。

成長できなくなった髪は抜けやすくなり、毛根への影響補給がなくなるため、新しい髪が生えてくることもありません。そのため、どんどん頭髪が薄くなって行ってしまうのです。こういった状態に陥ると、中年男性はもちろんのこと、比較的若い年齢でも薄毛が進行してしまうことになります。

AGAを予防するには、男性ホルモンの分泌を抑制するか、5αリダクターゼの分泌を抑制するかのどちらかの方法になるでしょう。男性ホルモンを抑制してしまうと、身体の機能へ悪影響を及ぼしてしまう危険性があるため、AGA治療は、5αリダクターゼを抑制する方向で行うことが多いです。男性ホルモンの分泌量が多い状態でも、5αリダクターゼを抑制できればジヒドロテストステロンが作られないため、AGAを予防できます。

Copyright © その薄毛はAGAが原因かも. All rights reserved.